低インシュリンダイエットの方法と効果

低インシュリンダイエット(低インシュリンダイエットの方法と効果)
低インシュリンダイエット
インシュリンを低くおさえる食品を取ることで、血糖値を低く保ち
インシュリン
の脂肪合成を阻止し脂肪燃焼をすすめます。
低インシュリンダイエットは効果に即効性はなく、長く続けることで効果を発揮するダイエット法。
低インシュリンダイエットは特に血糖値の高い方や糖尿病の方のダイエットにお薦めです。

ダイエット専門ウェブ・明日はKIREI


ローカーボダイエットはこちら


MENU
・HOME
・噂&人気のダイエット法
  酸素ダイエット
  低インシュリンダイエット
    食品別GI値
  玄米ダイエット
  アミノ酸ダイエット
  ツボ刺激ダイエット
  にがりダイエット
  プチ断食ダイエット
  入浴でダイエット
  ダイエットと香り・香りダイエット
  タイミングダイエット
・ダイエット通販
・美容&お悩み通販
・ダイエット茶、サプリメントを知る
・ダイエットマメ知識
・ダイエットとカロリー
・ダイエットと栄養素
・無料サンプル・ダイエットモニター
・ダイエットランキング
・サイトマップ


◎限りがあるインシュリン

一生に出すインシュリンの量は、ほぼ決まっています。
つまり限りがあるということです。

それが一度にたくさん食べる事でインシュリンを使いすぎてしまうと・・・インシュリンが分泌されづらくなったり働きが鈍くなってしまいます。

そして、II型糖尿病になってしまう可能性もあるのです!

◎おやつの食べ方

食後のデザートとよくいいますが、
食後は血糖値が上昇しています。

そこへ甘いデザートを食べたら
血糖値はますます上昇してしまいます。

血糖値の急上昇こそ太る原因ですから、食後3時間程たった血糖値の下がっている食間に食べた方が太りにくいのです。

◎調理法

食べやすくつぶしたり、やわらかく煮たりすると、消化吸収を良くし血糖値を急上昇させます。

そして、その後急下降するため、お腹がすぐに減ってしまうので、低インシュリンダイエットには不向きです。

また、揚げ物などは油だけでなく衣をつけることで、血糖値の上昇につながる為さけたほうが良いでしょう。

スリムパワーカプセル
5,250円→3,990円(税込)

燃焼系3大成分が通常の3倍量♪
純度69%の天然L−カルニチン配合。
即効性のあるダイエット効果で、短期ダイエットが可能です。


ザイクル スリミングジェル
10,500円→4,179円(税込)

塗るだけで痩せるジェルがザイクルから登場!
2週間で二の腕が−2.3cm、太ももが−4.2cmとサイズダウン効果抜群♪
塗ってすぐに効果を実感出来ます。






低インシュリンダイエット

■インシュリンの働き

 人々の血糖値は個人差はあるものの、ほぼ一定に保たれています。
 それが食事を摂ることで肝臓から糖が放出され、血液を通って移動。
 やがて血糖値は通常の2倍程に上昇。
 それを感知し膵臓からインシュリンが放出されます。

 まずインシュリンは、肝臓から糖が放出されるのを止める働きをします。
 血糖値が正常に戻るまでインシュリンは繰り返し働き続けます。

 この働きによって血糖値は低下したまま元の値に落ち着くのです。
 正常な血糖値は、空腹時でおよそ70〜110mg/dl
 これは人間の血液5リットルに対し、ブドウ糖5gの割合。
 これが1g増えて6gになっただけで、もう高血糖になってしまうのです。

 インシュリンには、血中の糖の消費促進する働きと、
 消費されなかった糖を脂肪細胞に運び蓄える
働きがあります。
 インシュリンの分泌量を低く抑えると、糖が脂肪細胞へ
 運ばれにくくなります。
 
 また、脂肪細胞からエネルギーを引き出して消費させる
 グルカゴン
の分泌もうながされます。


■低インシュリンダイエットの方法

 簡単に低インシュリンダイエットを行うには、
 食べていい食品と避けたほうがいい食品を、主食をメインに、
 GI値(グリセミック・インデックス値)で分け、それを意識して
 食事を取ります。
 低インシュリンダイエット法の、食品GI値は、こちら

 しかし、GI値の低い物を単に食べていれば痩せるのかというと、
 そういう訳ではありません。
 摂り方を間違い逆に太ってしまった、という例があるのも事実です。
 また、当然の事ながら食べ過ぎれば太ります。

 低インシュリンダイエットは、摂取カロリーや組み合わせに注意を
 しながら進める事が前提です。
 

血糖値を上げないダイエット インシュリンダイエットの考え方
口から摂取された糖は、小腸で吸収され血液中に流れ込みます。

この血液に入った“血糖”が、肥満に陥る原因と言われています。

その最も大きなメカニズムは、インシュリンが、血液中に大量にあふれ出した糖を、脂肪細胞に次々と押し込んでしまうという働きによって引き起こされ、炭水化物を摂り過ぎて太るしくみでもあります。

つまり、血液中の流れ込む糖の量を減らせば良いわけです。
見方を変えれば、これらをなくせば“太らない”という事にもなります。
 
血液中の糖の量を減らせば、それに従ってインシュリンの量も減少。

また、インシュリンの分泌量が減れば、脂肪が蓄積される事も少なくなる。

このような理論から、このダイエット法は低インシュリンダイエットと呼ばれます。

低インシュリンダイエットを成功させるにはその目安となる“GI値”が低い物を摂取しなければなりません!

質を選ぶことによって肥満を避ける、これが低インシュリンダイエットの考え方です。
GI値 組み合わせ
白米の様に、糖の吸収効率が良く、消化吸収のスピードが速い物はGI値が高い食材です。

一方、玄米の様に吸収効率が悪く、消化吸収のスピードが遅いものはGI値が低い食材になります。

低インシュリンダイエットの目安である“GI値の低い食材”は、消化・吸収の悪い炭水化物食品です。

GI値の低い食材を食べる事によって血中の糖の量が減りインシュリンも減少。
しかも脂肪も蓄積されない為、ダイエット効果が得られるわけです。
 
糖の吸収スピードを穏やかにする食材の組み合わせも有効です。

それが糖の吸収のスピードを穏やかにし、血糖値の上昇も抑えてくれるのです。

さらに、乳製品・お酢・油、そして食物繊維も組み合わせて摂ることで、糖の吸収を穏やかにする働きがあります。

GI値は、これらの働きも考慮されていると言えるでしょう。
インシュリンのメカニズム 血糖値のメカニズム
前筆したように、インシュリンの働きは血糖値を下げる事。

インシュリンはホルモンの一種で、
ホルモンとは体内で情報伝達を行う物質のことを言います。

血管内の血流によって全身に運ばれ、直接細胞に働きかけ情報を伝えるのです。

インシュリンは胃の後方にある臓器、膵臓から分泌されます。
その材料はアミノ酸で、アミノ酸から作られる種類のホルモンは称してペプチドホルモンと呼ばれています。
 
血糖値とは血中のブドウ糖濃度のことです。

摂取された炭水化物は、小腸でブドウ糖に分解され、一旦肝臓に貯蔵されます。

そして再び、血管を通り各細胞へと運ばれるのですが、この時の濃度が血糖値なのです。

細胞内に入ったブドウ糖はTCA回路でエネルギーに変換されます。

インシュリンは、その血糖値を一定に保つ為に働くのです。

◎どうして太るの?

食事をするとインシュリンは、糖の上昇を感知し、膵臓から放出されるのを止め、多くなった糖をエネルギー源として各細胞に送ろうとします。
そのとき、細胞がそれ以上のエネルギー源を必要としない場合、インシュリンは過剰になった血中の糖を別の場所に送ってしまいます。
その場所が脂肪細胞です。

インシュリンは、血糖値が低下するまで際限なく送り続ける為に、やがて脂肪細胞は糖を貯蔵し続け、大きく膨らんで行ってしまいます。

そして当然、脂肪が溜まれば太ってしまうのです!

◎食べ合わせ

野菜やきのこ・海藻類・コンニャクなどの繊維質を多く含む食材や、トマトソース・レモン・酢などに含まれている酸や牛乳などには、食べた物の消化吸収を遅らせ血糖値の上昇を防ぐ働きがあります。

お餅では、きな粉餅や磯辺焼は、繊維質の多いきな粉や、海苔を一緒にとることにより、血糖値の急上昇を防ぐことが出来ます。

スパゲティの場合は、トマトソースを選ぶことで、血糖値の急上昇を防ぐことが出来ます。 
  
Copyright(C)2003-2004 ダイエット専門サイト・明日はKIREI All right reserved
SEO [PR] カード比較 ギフト 冷え対策 チョコ 無料レンタルサーバー