ダイエットサプリメンを知る

ダイエット専門ウェブ・明日はKIREI ダイエットサプリメンを知る 


MENU
・HOME
・噂&人気のダイエット法
・ダイエット通販
・美容&お悩み通販
・ダイエット茶、サプリメント
  危険な商品、副作用
・ダイエットマメ知識
・ダイエットとカロリー
・ダイエットと栄養素
・無料サンプル・ダイエットモニター
・ダイエットランキング
・サイトマップ


スリムパワーカプセル
5,250円→3,990円(税込)

燃焼系3大成分が通常の3倍量♪
純度69%の天然L−カルニチン配合。
即効性のあるダイエット効果で、短期ダイエットが可能です。


ザイクル スリミングジェル
10,500円→4,179円(税込)

塗るだけで痩せるジェルがザイクルから登場!
2週間で二の腕が−2.3cm、太ももが−4.2cmとサイズダウン効果抜群♪
塗ってすぐに効果を実感出来ます。

臭麗ゴールド
8,190円(税込)

シャンピニオンの成分には、消臭成分以外にミネラル類、アミノ酸を始め、免疫力を高める生理活性物質も含まれています。
口臭予防・健胃・消化促進作用のパセリ成分を新たに配合し、パワーアップ
口臭、体臭、便臭。気になる臭いを、体内から解消。

下半身専用ダイエット・ビーナスリム
10,000円→
8,190円(税込)

血行促進・脚のむくみ解消で、セルライト撲滅に定評があります。
水太り・下半身太りに悩む方に!




ベースサプリメントとは
人や動物の身体は、絶えず細胞が新陳代謝を繰り返すことで、
生き長らえています。
その新陳代謝のエネルギーになっていのが、糖質、タンパク質、脂質、
そして、それらのエネルギーを効率良く使うために必要なのが
ビタミン、ミネラルといったベースとなるものです。

先進国アメリカ
食生活で不足しがちなビタミンである葉酸を、全ての穀類に添加することを国が義務付けており、なかば強制的に摂取させています。

他にもカルシウム、亜鉛、ビタミンB群などもコーンフレークなどに
添加したりする動きもありサプリ以外にも栄養補給に力を入れています。

日本
現在、日本人は栄養不足の傾向にあります!原因は以下の通り。
1 野菜中心だった食生活から肉食中心へと変化した欧米化した食生活!
2 強い紫外線やストレスなど必要な栄養を消耗してしまう環境の悪化!
3 一年中収穫をするようになった畑では土壌の栄養低下が進み、20年前と比べて野菜や果物などビタミン・ミネラルは平均で50%程度栄養が低下している!

特に日本人に不足しがちな栄養素として、葉酸、ビタミンC、ビタミンB1、
ビタミンE、βカロテン
に加え、カルシウム、亜鉛、鉄などの
ミネラル
があげれます。

 

オプショナルサプリメントとは
ベースサプリと違って、厚生労働省で栄養素の所要量が定められていない、いわゆる必要に応じて摂取するもの。

オプショナルサプリは効能別に2つのタイプに分かれてます。
局部型サプリ 全体型サプリ
身体の臓器や器官に向けて働く 身体全体のバランスを整える


特定の臓器や器官に向けて働く「局部型サプリ

物忘れ、脳の酷使等に
脳機能改善に働くサプリの中でも最もポピュラーな「DHA」。
神経細胞の膜を柔らかくして、伝達物質がスムーズに流れる
手助けをしてくれます。

疲れ目、かすみ目
ブルーベリー」のサプリメント。
有効成分である「アントシアニン」には、目から入った情報を、
脳に伝える物質「ロドプシン」の減少を抑える効果があり、
疲れ目などを軽減してくれます。

お酒を飲む時に
こちら肝機能を改善するサプリの代表選手、「ウコン」有効成分
クルクミン」が、アルコール分解酵素の働きを助け、肝機能アップ。

関節炎、腰痛
骨や関節に働くサプリ。「コンドロイチン」や「グルコサミン」に含まれる
多糖類が、結合組織の材料となります。


全体型サプリ
ストレスや紫外線、不規則な食生活など、様々な理由で調子が悪い方は、
特に注意してご覧下さい。

冷え性、生理不順、更年期障害
女性ホルモンに働きかけるイソフラボン女性ホルモンエストロゲン
同じ働きをすることにより、ホルモンバランスを安定させます。

シミ、動脈硬化など体内の酸化が原因のもの
活性酸素を除去するサプリ。中でも最近認可がおりたばかりの
コーキューテンはDNAまで傷つけてしまう超強力な活性酸素を
撃退することで、知られています。

肌荒れ、たるみ、しわ
ご存知、コラーゲンは肌を再生する材料となり、ハリのある
お肌を保ちます。
また、コラーゲンは肌の上から塗るタイプでは効果が期待出来ない
されていますので、服用タイプをお薦めします。

肥満(体脂肪が気になる方)
こちらの様なダイエットサプリが効果的に働きます。
カプサイシンは、交感神経を刺激して脂肪を燃焼。
キトサンは、体内で脂肪が吸収されるのを防ぐ働きがあります。

風邪、アレルギー
免疫力を高めるサプリメント。
フコイダンもその中のひとつです。多糖類が腸管免疫に働きかけ、
ウィルスをやっつけるリンパ球を活性化する働きがあります。

鬱々とした気分を解消する
セントジョーンズワート。脳内ホルモン・セロトニンの量を調整し、
不快感を鎮め、気分を安定させる働きがあります。

★ダイエットサプリメント摂取時の落とし穴★

ダイットサプリメントの中でもキトサンの様な脂肪の吸収を防ぐサプリメントは、腸の中で働き、脂肪と合わさることで、「やせる」効果を生みだします。

ところが、ビタミンEや、その他βカロチンDHAの様な脂に溶ける性質を持っているサプリメントと一緒に摂ってしまうと、そちらと合わさってていしまい、脂肪の吸収を防ぐ働きが落ちてしまうのです。

キトサンは脂溶性のビタミンEやEPA・DHAなどを吸着してしまい、キトサンの機能も弱まってしまいます。
ビタミンEなど脂溶性のサプリと吸収阻害系のサプリを摂取するタイミング(時間)をずらすことで、問題点は解決します。

更に、注意すべき組み合わせがもうひとつ!

食物繊維とミネラルは一緒に摂るとミネラルの吸収が阻害される事があります
食物繊維が腸で吸収されるべきミネラル成分にくっつき排出してしまいますが、これも1日で分けて摂ることで解決。

摂取のタイミングは、一般的に食後や食間とされていますが、脂肪燃焼系ダイエット、つまりアミノ酸を含むサプリメントについては、空腹時の体を動かす前(運動ばかりでなく家事や買い物等でもOK)に摂取するのが最も効果的です。
Copyright(C)2003-2004 ダイエット専門サイト・明日はKIREI All right reserved
SEO [PR] カード比較 ギフト 冷え対策 チョコ 無料レンタルサーバー