ダイエットと栄養素

ダイエット専門ウェブ・明日はKIREI


MENU
・HOME
・噂&人気のダイエット法
・ダイエット通販
・美容&お悩み通販
・ダイエット茶、サプリメントを知る
・ダイエットマメ知識
・ダイエットとカロリー
・ダイエットと栄養素
  糖質
  たんぱく質
  脂質
  ビタミン・ミネラル
  カルシウム・鉄・ビタミンD
  ナトリウム・カリウム
  食物繊維
・無料サンプル・ダイエットモニター
・ダイエットランキング
・サイトマップ


ダイエットキューブNEW
9,240円→
7,854円(税込)

■内容量:180g(3g×60包)1ヶ月分
1日 2包で 糖質1,125kcal、脂肪約500kcal カット。従来のカロリーカットサプリと比較すると、吸収率が全然違います。
大手フィットネスサロンでの使用も納得♪カロリーカット系サプリの中でもイチオシ。

スタイリングエステQ-IN(キューイン)
13,650円→
4,180円(税込)

前回、限定生産で大ブレイクしたタレントサプリ。あっという間の売り切れで購入出来なかった方も多いと思います。
待ちに待った第2弾が登場。
売り切れ前にGETしよう。

スリムパワーカプセル
5,250円→3,990円(税込)

燃焼系3大成分が通常の3倍量♪
純度69%の天然L−カルニチン配合。
即効性のあるダイエット効果で、短期ダイエットが可能です。


ヘビージュジュワー
9,240円→4,190円(税込)

ジュジュワーがパワーアップ!
身体のあぶらが便と一緒に排出される実感はすごいです。
一週間に5kg程度のダイエット成功者続出♪

ザイクル スリミングジェル
10,500円→4,179円(税込)

塗るだけで痩せるジェルがザイクルから登場!
2週間で二の腕が−2.3cm、太ももが−4.2cmとサイズダウン効果抜群♪
塗ってすぐに効果を実感出来ます。

臭麗ゴールド
8,190円(税込)

シャンピニオンの成分には、消臭成分以外にミネラル類、アミノ酸を始め、免疫力を高める生理活性物質も含まれています。
口臭予防・健胃・消化促進作用のパセリ成分を新たに配合し、パワーアップ
口臭、体臭、便臭。気になる臭いを、体内から解消。

下半身専用ダイエット・ビーナスリム
10,000円→
8,190円(税込)

血行促進・脚のむくみ解消で、セルライト撲滅に定評があります。
水太り・下半身太りに悩む方に!




薬と健康食品や栄養素の相互作用
いかに、身体に良い成分や健康食品でも、特定の薬との組み合わせにより、
副作用を引き起こす場合があります。
その相互作用を知る事は、大切です。
ビタミンA
テトラサイクリン(抗生物質)
  頭蓋内の圧が高まる事によって、薬による頭痛が強まる可能性がある。
ワルファリン(血栓予防薬)
  ワルファリンの作用を増強させる可能性がある。

ビタミンB6
L-ドーバ(パーキンソン病の薬)
  L-ドーバの作用が弱くなる。

Click Here!
葉酸
フェニトリン(けいれんやてんかんに使用する薬)
  フェニトリン濃度が低下し、薬の効き目が弱くなる

ビタミンC
ジエチルスティルベストール、エストロゲン(女性ホルモン)
  血中エストロゲン濃度の上昇するので、薬の作用が強く出ます。

ビタミンD
ジゴキシン(心不全や不整脈に使う薬)
  ジゴキシンの副作用が強く出る可能性があります。

ビタミンK
ワルファリン(血栓予防薬)
  ワルファリンの効果が弱くなります。

抗酸化物質(ビタミンE、ビタミンC、βカロチン、セレニウム)
シンバスタチン+ナイアシン(高脂血症治療薬)
  薬の作用を弱めてしまうという報告があります。

カモミール(Chamomile)
ワルファリン(血栓予防薬)
  薬と相互作用を示す可能性があります。

エキナシア、Echinacea
蛋白同化ステロイドやアミオダロン(不整脈の薬)
 メソトレキセート(免疫抑制剤、慢性関節リウマチなどに使う)
 ケトコナゾール(真菌治療薬)など

 肝障害を起こす可能性があります。

フィーバーフュー、Feverfew
ワルファリンを始めとした血栓予防薬
  薬の作用が強く出てしまう可能性があります。

ニンニク、Garlic
ワルファリンを始めとした血栓予防薬
  薬の作用が強く出る可能性があります(通常の食事程度なら心配ないと思います)

ショウガ、Ginger
ワルファリンを始めとした血栓予防薬
  薬の作用が強く出る可能性があります(通常の食事程度ならば心配ないと思います)

イチョウ、Ginkgo
ワルファリン、アスピリン、その他の解熱鎮痛薬など
  出血しやすくなったり、出血が止まりにくくなります(量が少なければ心配ないと思います)
けいれんやてんかんの薬
  薬の作用が弱くなる可能性があります。
サイアザイド系利尿剤(高血圧薬)
  血圧上昇の報告があります。

チョウセンニンジン、Ginseng
ワルファリン、アスピリン、その他の解熱鎮痛薬など
  出血しやすくなったり、出血が止まりにくくなったりします。
副腎皮質ホルモン(膠原病やぜんそくに使うステロイドホルモン)
  薬の作用が強まる可能性があります。

ノコギリパルメット、Saw Palmetto
前立腺肥大治療薬、女性ホルモン、経口避妊薬
  薬の作用が強まる可能性があります。

セント・ジョンズ・ワート、St.John's wort
ピロキシカム(鎮痛薬)、テトラサイクリン(抗生物質)
 光過敏症が起こる可能性があります。
モノアミンオキシダーゼ阻害薬(抗うつ薬)
 薬の作用が強まる可能性があります。
選択的セロトニン受容体拮抗薬(SSRI、抗うつ薬)
 薬の副作用が強く出る可能性があります。
エイズの薬、ワルファリン、免疫抑制薬(シクロスポリンなど)、経口避妊薬、
 強心薬(ジゴキシン)、気管支拡張薬(テオフィリン)、抗てんかん薬(フェニトイン)、
 抗不整脈薬(ジソピラミドなど)

 薬の作用が弱くなります。

バレリアン、Valerian
バルビタール系薬剤(けいれんや睡眠薬のひとつ)
  睡眠を延長させます。

カバ、Kava
睡眠薬、精神安定薬、向精神薬
  薬の副作用が強く出る可能性があります。

クロレラ
ワルファリン(血栓予防薬)
  ワルファリンの効果が弱くなります。

サイリウム、Psyllium
リチウム(躁病の薬)
  薬の作用が弱くなる可能性があります。

青汁
ワルファリン(血栓予防薬)
  ワルファリンの効果が弱くなります。

血圧が高めの方の特定保健用食品
(ラクトトリペプチド、かつお節オリゴペプチド、サーデンペプチド)
ACE(アンギオテンシン変換酵素)阻害薬(高血圧薬)
  薬の作用が強められたり、弱められたりする可能性があります。

血糖が気になる方の特定保健用食品(難消化性デキストリン、グァバ葉ポリフェノール、小麦アルブミン、L−アラビノース)
SU剤(スルフォニルウレア剤)、インスリン分泌促進剤、
 インスリン(これらはすべて糖尿病の薬)

 薬の作用が強く出る可能性がある。

Copyright(C)2003-2004 ダイエット専門サイト・明日はKIREI All right reserved
SEO [PR] カード比較 ギフト 冷え対策 チョコ 無料レンタルサーバー