たんぱく質を知る

ダイエット専門ウェブ・明日はKIREI


MENU
・HOME
・噂&人気のダイエット法
・ダイエット通販
・美容&お悩み通販
・ダイエット茶、サプリメントを知る
・ダイエットマメ知識
・ダイエットとカロリー
・ダイエットと栄養素
  糖質
  たんぱく質
  脂質
  ビタミン・ミネラル
  カルシウム・鉄・ビタミンD
  ナトリウム・カリウム
  食物繊維
・無料サンプル・ダイエットモニター
・ダイエットランキング
・サイトマップ


ダイエットキューブNEW
9,240円→
7,854円(税込)

■内容量:180g(3g×60包)1ヶ月分
1日 2包で 糖質1,125kcal、脂肪約500kcal カット。従来のカロリーカットサプリと比較すると、吸収率が全然違います。
大手フィットネスサロンでの使用も納得♪カロリーカット系サプリの中でもイチオシ。

スタイリングエステQ-IN(キューイン)
13,650円→
4,180円(税込)

前回、限定生産で大ブレイクしたタレントサプリ。あっという間の売り切れで購入出来なかった方も多いと思います。
待ちに待った第2弾が登場。
売り切れ前にGETしよう。




たんぱく質
たんぱく質は、体内で筋肉や臓器などの構成成分となり、
生命を維持するためになくてはならない栄養素です。


■たんぱく質の主なはたらき

 ・筋肉や内臓の構成成分となる
 ・ペプチドホルモン、酵素など体に必要な成分の材料になる
 ・神経伝達物質を合成する
 ・病気に対する抵抗力をつける


たんぱく質の種類 たんぱく質を摂りすぎると たんぱく質が不足すると
たんぱく質には動物性のものと植物性のものがあります。

たんぱく質を構成するアミノ酸のうち、体内で作ることのできないものは必須アミノ酸と呼ばれます。

良質たんぱく質食品とは、この必須アミノ酸をバランスよく含む食品です。
卵・肉類・魚介類・牛乳と乳製品・大豆および大豆製品がこれに相当します。
肥満の原因となったり、痛風など体のトラブルを起こします。

生命を維持するはたらきがスムーズに行われなくなり、脳のはたらきが鈍り、記憶力、思考力が減退します。
また、体力、スタミナがなくなるので健康的な生活が送れなくなります。
 
■たんぱく質を上手にとる

毎食必ず、魚や肉を使った主菜を適量つけるようにしましょう。
たんぱく質の摂取量が少ない人は、サラダ・あえものなどの副菜や汁物に
たんぱく質を多く含む食品を利用しましょう。

たんぱく質の摂取量が多い人は、主菜の量を減らして、適量にしましょう。
動物性たんぱく質食品と植物性たんぱく質食品を組み合わせると
アミノ酸のバランスが良くなります

たんぱく質を豊富に含む食品【100gあたり】
魚介類(動物性たんぱく質)
まぐろ赤身 26.4g
かつお 25.8g
さけ 19.6g
さんま 18.5g
車えび 21.6g
さば 20.7g
まいわし 19.8g
ひらめ 19.2g
たい 20.6g
かれい 19.6g
あじ 20.7g
肉類(動物性たんぱく質
鶏ささみ 24.6g
鶏皮なし胸肉 24.4g
豚ひれ肉 22.8g
牛ひれ肉 19.1g
牛もも肉 18.9g
鶏皮付き胸肉 19.5g
豚もも肉 20.5g
牛肩肉 17.7g
鶏皮なしもも肉 22.0g
豚肩肉 20.9g
鶏皮付きもも肉 17.3g
乳製品(動物性たんぱく質)
チーズ 22.7g
ヨーグルト 3.6g
牛乳 3.3g
大豆製品(植物性たんぱく質)
納豆 16.5g
生揚げ 18.7g
もめん豆腐 6.6g
その他(動物性たんぱく質)
たまご 12.3g
  
Copyright(C)2003-2004 ダイエット専門サイト・明日はKIREI All right reserved
SEO [PR] カード比較 ギフト 冷え対策 チョコ 無料レンタルサーバー