更年期障害(その原因と症状、更年期障害解消)

更年期障害の症状と更年期の症状の改善法。更年期障害は、人それぞれ症状の強さも様々です。
更年期障害の症状が強く出る人から、ほとんど更年期と気づかない軽い方まで。
更年期障害は改善出来ます。つらい更年期障害の症状を我慢するのはNGです。

ダイエット専門ウェブ・明日はKIREI 更年期障害 


MENU
・HOME
・噂&人気のダイエット法
・ダイエット通販
・美容&お悩み通販
  毛深い悩み解消
  体臭、口臭、わきが(ワキガ)
  シミ、シワ、たるみ、老け顔
  貧乳、垂乳、バストの悩み
  性生活、ナイトライフの悩み
  抜毛、白髪、薄毛、髪の悩み
  生活習慣病、他、健康の悩み
  更年期障害
    男性の更年期障害
  禁煙の悩み
・ダイエット茶、サプリメントを知る
・ダイエットマメ知識
・ダイエットとカロリー
・ダイエットと栄養素
・無料サンプル・ダイエットモニター
・ダイエットランキング
・サイトマップ


更年期障害を考える

男女共に言える事ですが、
更年期障害の症状は様々で、
気づかずに終わってしまうような軽い人もいれば、ひどい人では本気で自殺をも考えたりする程の、苦しみやつらさを味わいます。

しかしながら、他人から見ても分からない、外的症状のない事が更年期障害の辛さと苦しみを、いっそう深くしてしまいます。

例えば大きな傷があれば、
見ただけで、その痛みや辛さは想像がつくでしょう。

しかし更年期障害は、見た目に何の症状もなく、症状が出ている時とそうでない時のギャップが大きい方も多くおります。

その為か、更年期障害が長引く程、配偶者や身近な方からの言葉や理解のなさに苦しむ場合もあるようです。

また、病院へ行ってもそれを更年期障害と認識されず辛い思いをされる方も多いのが現状です。

特に身近な人に分かって貰えないという思いは、心的症状を深く追い詰めてしまう事になります。

周りに更年期障害で苦しんでいる人がいる方は、苦しみを代わってやる事は出来なくとも、一緒に乗り切るつもりで温かい理解を示してあげて下さい。

その温かい思いは、どんな良薬よりも大きな存在&支えになると思います。


更年期障害

閉経前後における女性ホルモン(エストロゲン)減少を主原因とする様々な症状を更年期障害と呼びます。
全人口の約半数が罹患し得るこの障害に対する幅広い理解が必要と考えられます。
更年期は一般的に閉経前後の各5年間計10年間を指すことが多いようですが、近年は男性の更年期障害若年性の更年期障害も増えております。
また逆に、更年期をずっと過ぎてから症状が出る人も多くなっています。

時期に拘るよりも各個人の症状に応じて認識しましょう。
この時期では加齢に伴い急速に性腺機能が低下し、特に卵巣では卵胞発育・排卵・黄体形成の一連の機能が停止し、形態学的には委縮します。
これに伴いエストロゲン分泌が低下し、様々な症状が出現します。

なお、日本人の平均閉経年齢は50歳です。

■更年期障害の症状

1)月経異常

はじめに月経周期が短縮、その後月経周期が延長し月経回数が減少、最終的に閉経となる。この間に不正出血が出現することもある。

2)血管反応性の変化
ほてり、のぼせ。更年期障害の代表的な症状。
エストロゲン欠乏により脳の自律神経調節中枢の機能が変化するために生ずると考えられています。
突然おこる熱感で身体から顔や手足へと広がり、発汗、動悸を伴うことが多く個人差があります。通常5年程度で消失することが多い。

3)精神症状
エストロゲン低下による中枢神経系の機能変化、閉経による女性性の喪失感、子供の成長による母性性の喪失感、パートナーとの一体感の喪失などにより、不眠、うつ症状などが出現する。

4)泌尿生殖器症状
エストロゲン低下による膀胱および周辺の筋力低下にため、頻尿(排尿回数の増加)、尿失禁などが出現。粘膜の委縮や分泌物の減少をきたす閉経後膣炎(老人性膣炎)により、膣前庭の灼熱感、掻痒感、乾燥感および性行痛がおこります。
また、性欲も減退します。

5)その他
エストロゲン低下により骨粗鬆症、高脂血症、動脈硬化などが出現します。


2 更年期障害の診断
上記の自覚症状のほか、血中のエストラジオール濃度、FSH(卵胞刺激ホルモン)濃度を参考にする。そのほか、血清脂質や骨粗鬆症に関する検査も必要となることがある。

徐々に低下する男性性腺機能とは対照的に女性の性腺機能は急速に低下するため、パートナーとの不一致も問題となりがちです。
平均寿命の伸びにより、女性にとって閉経後の30年を如何に過ごすかは大きな課題となっています。

現実問題として、病院に行き更年期障害という診断がされず、様々な検査をしたり病院を転々とされる方も多くおります。

その中には、様々な検査を繰り返しても結果に異常がないという事から、まるで仮病のように思われるのではないかと悩まれる方が少なくありません。ストレスは症状を悪化させてしまいます。
実際、更年期障害を我慢すべきものと考えている医師さえ未だに多いのです。
 
■更年期改善に
  >>>話題のイソフラボン特集
  >>>コエンザイムQ10(coQ10・ビタミンQ)特集
 
DHEA若返り・更年期etc性ホルモンを作るDHEA
シワ・たるみ改善、筋肉の引き締め、体脂肪減少、更年期予防・改善

DHEA
4,800円(税込)

老化・更年期の原因とも言われる「性ホルモン」の低下。
体内で性ホルモン(男女)をつくる働きをするのがDHEAです。
老化を防ぎ若さを保つ、魔法の若返り栄養素として
世界中で注目されています。
女性はもちろん30歳以上の男女に欠かせないサプリメントです。
■容量:250mg×100錠

女性の更年期障害にヒアルロン酸!
更年期障害に苦しんでいる人に是非試して欲しい商品です

飲むヒアルロン酸飲むヒアルロン酸・スーパーオンディーヌ
16,800円(税込)

ヒアルロン酸って何?
体内に存在するゼリー上の構造成分です。
肌のヒアルロン酸は、角質層、基底層、真皮層という構造の中で、一番大切な真皮層に多く含まれます。

わずか1gで6リットルの水分を保持します。
細胞同士の隙間を埋めたり、関節では潤滑油になります。
しかしヒアルロン酸は加齢とともに減少します。
ヒアルロン酸の量を、0〜20歳までを100とした場合、30歳までは70%、50歳までは40%、60歳までには約25%まで減ってしまいます。

ヒアルロン酸が減ると、水分維持が出来ず、肌のシワが深くなったり、シワ、たるみが目立ちはじめます。コラーゲンやビタミンCだけを補給してもヒアルロン酸が不足していては、肌の保湿やハリは回復しません。

ヒアルロン酸のパワー
乾燥肌、目の疲労、疲労回復、生理痛の解消、冷え性改善、老化防止、関節痛、更年期障害、ドロドロ血、細胞組織修復作用、貧血、湿疹アトピーの改善、糖尿病、性的減退などに効果的です。

※妊婦の方がお召し上がりいただいても全く問題がないほど安全です。
※1粒に105mもの低分子ヒアルロン酸が含まれています。
 (他の商品と比較したら、含有率はトップクラス)
Copyright(C)2003-2004 ダイエット専門サイト・明日はKIREI All right reserved
SEO [PR] カード比較 ギフト 冷え対策 チョコ 無料レンタルサーバー